忍者ブログ

EP2続き



マトイちゃんが相変わらず可愛い。
ていうか、いつの間にかフィリアさんとも普通に会話出来てるやん。

あ、ちなみに、ワタクシこの時点で彼女の正体に関するネタバレを
大部分知ってしまっています(´・ω・`)事故なの…

しかしツッコミが無いあたりやはり、今作の設定ではテクニックは
ディスクで覚えて無くても使えるもの、というのが普通のようですね…


面倒なので脈絡無くさっさと行きます。



この人は白なのか黒なのかよくわからんなー




誰から見ても正義、なんてことがこの世に存在するんでしょうかね?




ひえぇ~、うわーっ、先生何してるんですかー!
みたいなところばかり見ていたライト君ですが、
ちゃんと先生を慕っていたようです。




エコーさんの独白(恥ずかしい)に遭遇するの巻。


ストーリークエでは、まずはエコーさんと再登場のカブラカンと海底の奥へ。
相変わらずこの二人(ふ、二人?)が揃うとPCが空気になりますね。


最奥では、ビオル・メデューナを吹き飛ばすテオドール君が再登じょ…








テメェェェェェェ!!!
何また髪型変えてんくぁw背drftgyふじこlp;@:「」


髪型を…開発がNPCのために好きに設定出来て、
プレイヤーが出来ないっておかしいと思うの…


デューマンになってるとか自己主張が強すぎて角が見切れてるとか
まえディスった謎のファー付き服が彼の新衣装だったとか色々ありますが…


(C)SEGA

偶然撮れた半開きルーサーでお茶を濁します。
なんか変な顔ばっかり撮れるな…
ネタ的には申し分ないので、いいのですが(゚∀゚)




偉いぞーエコーさん。
空元気でも強がりでも、そこから前に進めるあなたは強い人だ。


カブラカンや一部の原生生物と思われていた者たちは
ルーサーの実験の創作物だったようですね。
何を目指してどう失敗したらこう(カブラカン)なっちゃうんだオイ…


もう一方はサラ同行ルートです。



…まあ、別に信用してついてってるわけではないですけどね。

シオンの件とかもそうですが全体的に、PCが、もしくはプレイヤーが
どう思い何を考えてそう行動しているのかを
勝手に決められてしまっていることが多くてもやもやします。
以前の懸念が現実味を帯びてきたようなー…

道中のPCの性別無視の会話がまたありましたが、なんであえて入れるんでしょうね?
入れなければいいだけの話なのに。ストーリー上全く必要ないのに。
改めて思いますが…全部、男キャラに対しての対応だったのですね。
同性の友人のようなものだと捉えていた同性キャラからの感情のベクトルが
こちらの全く意図していないものだったのか…とちょっとショックを受けました。
種族性別でセリフを変えるという、DSのゲーム(ZERO)でさえ出来ていたことを
やれないわけがないでしょうに。Po2でさえiでセリフ変化が追加されたのに、なぜ退化を…




怖いような、キモイような…そういうものを初めて感じました。
今時よくいるので、アレな科学者が生き物を弄繰り回す設定も珍しくはありませんが、
何故かこの瞬間ふと感じた、禁忌に触れるような、そんな感じ。


しっかしテオドール君は良い様に使われてるなー
とんだ大馬鹿者だ…やっぱ彼はウルクさんいないと駄目な子だわ…

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

最新記事

ブログ内検索

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]