忍者ブログ

さらにストーリークエ

なんでキャラクリゲーでこのストーリーにしたのかな…
展開自体は好きなほうなのに…普通のRPGだったら良かったのに…

最後のマタボの会話イベ全部終わったところまで。


【仮面】の正体が明かされたわけですが、予想通り過ぎて特に驚きはありませんでした。
いやでも、EP2で【仮面】が顔を出した時から思っていた
「まさかそんな単純な展開にはしないだろう…」
を素でやってきたのである意味驚いたとも言える。

さて、【仮面】さんがペラペラと今までの苦悩と、
そこから至った結論についてお話してくれましたが、
正直ワタクシ、今目の前で語っているこのキャラクターが
自分が手元で操作しているこの子と同一人物とは全く思えずに、
他人の苦労話を聞かされている気分でした。



(C)SEGA

よくもまあ、PC(主人公)と同一人物であるはずのキャラクターに
こんなセリフを言わせましたねぇ…
主人公であるはずのキャラが、最終的には諦めたって…
その時と今回と何が違うのかがわからないので、同一人物には思えないし。
同じ人間で、同じようなことをしてきて、
一方は諦めないという選択肢を持っているけど、もう一方は持っていない。
何故?


そして自分のプレイしてきたゲームが、
いわば2周目以降だったということにショックを隠せない。
どこぞの勇者様じゃありませんが、他人が攻略したダンジョンなんて何が楽しいんだ!
宝箱だって空いてるんだぞ!という感じの気分。

ただ、プレイ直後はあまりにあれだったのでちょっとついていけなくて、
今までの脳内妄想どうしよう…と途方に暮れていたのですが、
色々考えて一晩経ったらなんとかつじつまを合わせることに成功してしまいました。
これがオタクの妄想力(キリッ


さて。
【仮面】について行ったあとマトイ・ヴィエルと戦闘になるわけですが、
PSPo2iでナギサ相手に全力で戦いにいったらエミリアに怒られた過去があるので
(戦闘で敵として現れれば誰であろうと全力でボコりに行くタイプ)
果たして攻撃していいものかわからず、
しばらく回避しながら【仮面】とマトイの戦いを鑑賞していました(笑




ノアさんからシリアスさが感じられない。

チラッと攻撃してみたり、【仮面】が倒されればいいのかな?とか思ったりもしましたが、
特に変化が無かったので思い切って参戦しました。マトイ自体はやたら弱かったです。
攻撃方法がアンガと似ていたうえ、アンガほど激しくなかったのでやり易かったというか。


これでどうなるんや…と思って見ていたら、まさかのバッドエンドで驚愕しました。
マトイ消滅ぐらいまでは、
「ええ…まさかPSO2でこういう終わり方をするとは…」
と思ったんですけどね。
キズナの力で大団円!とか都合良いことばかり起こらない辺りはPSOっぽいし。



(C)SEGA

普通のタイムリープものなら泣き所。
【仮面】には、もっと小まめに出てきて色々手を出してきてほしかったなぁ。



(C)SEGA

やめろよ泣いちゃうだろ。

ぶっちゃけこれはこれで、好きなんですけどね、物語としては…
とりま問題解決したうえでの喪失感とか、
断ち切ったと思ったのに結局またループしてしまう、
いつまでも終わらない物語感というか…


さて、暗転後どこからともなく聞こえてくるのは、改変を促すシオンの声。

しかし、時間遡行出来て歴史を変えられると言っても、
それを行う人間が【仮面】になってしまっては、前のところからもう一度…
とセーブポイントからやり直すような、そんな簡単な話にはならないと思うのですが。

悩んだ結果、初回のこの章に入ってからのことは
何回か前の展開をリプレイで見ているだけなんじゃないかと思うことにしました。
そうやって時間を遡った【仮面】が、ゲーム本編で出てくる【仮面】、
とか考えると面白いです。脳内設定があるキャラクリPCじゃなければなァ!
自分が持っていなかった、諦めないという選択をする別の時間の自分に苛立つ所とかね。
なんでそういう選択が出たのかはプレイヤーにもわかりかねますが…(´・ω・`)


同じ章をやり直すと、【仮面】についていかないという選択肢が選べるようになります。
何度やっても駄目だったって言ってんだろ!
ということをミュージカルのようなオーバーアクションで力説する【仮面】さん。
ほんとこれもうPCのつもりねぇなー自由だなー
ノアならまだしもこれシアちゃんだったらどうなっていたか…別人どころの話ではない。



(C)SEGA

パラドックスをガン無視してSF物に喧嘩売る【仮面】さん。
SFとか時間移動とかの美味しいところを総スルーしてますよね今作は…


【仮面】「私はダークファルス【仮面】。我が根源の願いは【深遠なる闇】の抹消」
って言いますけど、これは嘘ですよね。
【仮面】の願いはマトイの救済(どんな形であっても)ですからね。


戦闘自体は、まあETも含め何度目かの【仮面】戦なので。
でもマトイよりは強かったで…
相変わらずこいつは苦手です。


【仮面】「手は尽くした!なんでもやった!でも駄目だったんだ!殺してやるしかない!」
PC「この時間の自分(PC)と協力すればいいんじゃね?」
【仮面】「その手があったか!!

なんでやねん。

お前その程度で手は尽くしたとかもう方法が無いとかほむらちゃんに殴られろ。
他の人に協力を求めるなんてほむほむ真っ先にやったことなのに…(´・ω・`)
しかもこちらの場合、目的やら思考のベースやらが同じなはずの過去の自分、
そしてすぐに状況が把握できて、オラクルにおいて強い権限を持っている
シャオという、設定上は超強力な味方がいるのに…

何周したのかは知りませんが、そもそもプレイヤーの見てきた作中でさえ、
え、あれをそうすればいいんじゃね?とか、それでいいの?とか、
都合の良い部分だけ改変後に引き継がれていたりが多いので、
そうか、何度やっても駄目だったのか…とは思えませんね。
最善の手を尽くしたはずなのに…というのを、一度でも見せてもらわないと。
 

タイムリープ物は好きなんですが、今作のそれには全く魅力を感じないんですよね…
取捨選択がない。同じところ何度かやって、上手くいった部分だけ集めている。
ただゲームで、フラグ立て直して選択肢選び直しただけの印象で、
ひとつ上手くいったのに、こっちは駄目だった…というような苦悩がない。
それをどうにか、みんな救いたい…でも失敗する…どうすれば…
というようなことは全く無く、ひたすら都合が良いだけです。
とてもとても残念。


脱線した。



(C)SEGA


(C)SEGA

何度も「私は未来のお前なんだよ!」って言われますけど、
どの言動とっても自分のPCと同一人物とは思えないので
「あ、うん…(何この変な人怖い…)」としか思えない冷めた感情(´・ω・`)

DFとなったことで、元々の願い以外は
人間時とは大分変質している可能性がありますけどね。
昔の自分を思い出すみたいなセリフありますし。

しかし、無策のPCの説得にえらいあっさりと乗りましたねぇ【仮面】さん…
ほんとに、それまでの貴方のループとやらはなんだったんでしょうか。


キャラクリ主人公で脳内設定があるPCじゃなくて、
任天堂ゲームみたいに主人公に感情移入出来て
且つ一人の独立したキャラクターとしても見られるような
そんなゲームだったら熱い展開だったのになー

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

最新記事

ブログ内検索

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]